Sponsored Link

今日は、「初心者のためのボカロ作曲講座」【第3回】をYoutubeにアップしました^^w
順調に3日連続動画アップです。
いつまで続くかなー

今日のテーマは、インストゥルメントトラックの追加です。

実際に音を出すためのトラックは、MIDIトラックと、インストゥルメントトラックとあるのですが、
Audioトラックもありますけど。

MIDIトラックとインストゥルメントトラックは、厳密には使い分けがあるのでしょうが、
基本的に同じと考えて良いでしょう。

インストゥメントトラックは、音源である、VSTインストゥルメントを設定して使うトラックになります。

ここで、音源という言葉が出てきました。

初心者の方には、さっきから、聞き慣れない言葉が出てきてますが、実際は
あまり気にしないでくださいね。

作曲やアレンジをするためには、実際は、楽器は欠かせません。
この動画とブログは、楽器を使わないのと謳ってますが、
楽器の代わりに音源を使います。

そこで出てくるのが、マルチティンバー音源。

これは何かというと、

CUBASEの場合、Halion Sonic SEというマルチティンバー音源が標準装備されています。

マルチティンバー音源とは、複数の楽器の音色が、一つのVSTインストゥルメントに収録されている
ということです。

ピアノやギター、ベース、ドラム、ブラス関係、ストリングス系様々な楽器の音源が
一つに収録されていて、好きなモノを選べるんですね。

ギターでもアコースティックギターやエレキギター、さらにはその中の細かい分類
である、レスポールとかストラトとか、まぁ、切りが無いくらいたくさん入ってます。

これだけの楽器をそろえたら、本当にいくらかかるかわからないのですが、
CUBASEを買えば、勝手についてきます(o´∀`o)

もちろん、他のDAWにも、必ず1つは、マルチティンバー音源が入っているので
ご安心を。

今回の動画では、まずは、ピアノを選択しています。
エレクトリックピアノのCPを設定していますし、
動画で、たくさん入っている音源がずらーっと出てきますので、
是非みてくださいねw
この動画がよければ、チャンネル登録お願いします。
チャンネル登録は、動画の下の、Youtubeの赤いボタンを押してくださいね!!





関連記事

2014/12/05 18:50 [edit]

category: 初心者のためのボカロ作曲講座

thread: 作詞・作曲 - janre: 音楽

tag: 作曲  ボカロ  初心者  VOCALOID  作詞  YOUTUBE 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://chikarazoe.blog.fc2.com/tb.php/69-ae05649d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カレンダー

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

カウンター

ブロとも申請フォーム

リンク

最新コメント

ブログランキング

QRコード

Sponsored Link

関連記事

総PV数

▲Page top