Sponsored Link



ちょっと前に作った曲を聞いてください (^人^)
チャンネル登録もお願いします (>人<;)

さてさて、次は、「CUBASE」、「BAND IN A BOX」、「VOCALOID for CUBASE」のそれぞれの役割ですが、・・・
その前に、もう1つ大事なものが!!!

それは、MIDIキーボードです。

MIDIキーボードとは、パソコンへのMIDI入力を行うためもキーボードですが、普通のキーボードやシンセサイザーと違って、
ボタンや表示が少なく(ほとんどない)、自力では音は出せません^^;
その代わり、とっても安いです。

例えばこんなのや
korg_microkey25b_2.jpg
こんなのや
korg_microkeyb.jpg

こんなの
korg_microkey61b_2.jpg

鍵盤の数が違うだけですが、いわゆるキーボードや電子ピアノ、またはシンセサイザーと呼ばれているものに比べ、見た目はシンプルです。

キーボードはまともに買おうとすると、10~20万くらいしますが、MIDIキーボードは、大体1万5千円前後。
そのぐらいですから買っちゃうましょう。
ちなみに、キーボードになると
41PBD8zpK8L__AA160_.jpg
こんなにたくさんのボタンがついてます^^いきなり画像がちっちゃくなりました。

で、MIDIキーボードですが、鍵盤の数が少ないのから、多いのまで(もっと多いのありますが)3種類写真載せましたが、
上から、25鍵、37鍵、61鍵です。その中間で、49鍵、それより大きいのは、81鍵などありますが、使い勝手がいいのは、49か、61です。この辺でも1万5千円前後です。

さてさて、前置きが長くなりましたが、それぞれどう使うか?ですよね~

ざっくり簡単に行きます。

まず、CUBASEを開いて、MIDIキーボードでメロディを入力します。
それをMIDIファイルに書き出して、BAND IN A BOXに読み込みます。
BAND IN A BOXで、コードを生成します。
またまた、CUBASEを開いて、生成されたコードを入力し、アレンジ開始
アレンジが終わったら、VOCALOID for CUBASEで、歌詞を入力とボカロ調教
またまたCUBASEに戻り、音を調整して出来上がりです。


楽器を使うのは、MIDIキーボードでメロディを入れるときだけ
右手でドレミファソラシドができれば、問題なし
これから、少しずつ、その方法をアップしていきますね!



関連記事

2014/09/14 12:08 [edit]

category: ボカロ作成日記(途中経過など)

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://chikarazoe.blog.fc2.com/tb.php/6-a5a255e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カレンダー

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

カウンター

ブロとも申請フォーム

リンク

最新コメント

ブログランキング

QRコード

Sponsored Link

関連記事

総PV数

▲Page top