Sponsored Link



僕の最新作「HIDE AND SEEK」です。









そうそう、次はCubaseのことって言ったけど、その前に、ボカロ曲作って、広がる世界について。
これは、ボカロ曲に限った事ではないんですが、ボカロ曲作って、ニコ動やYoutubeに動画をアップすると、お金が入ってきます。

Youtubeでは、広告掲載料が、ニコ動では、二次利用に対する報酬プログラムみたいなのがあります。
まぁ、いずれも、動画の再生回数が、数万回以上にならないと、まともな金額にはならないですが・・・
それと、動画とブログやホームページなんかを連携させて、アフィリエイトとかで稼ぐ方法もありますね。
そんなこんなで、趣味でボカロ曲作って、お小遣い程度稼いでる人はたくさんいますので、そういう可能性はひろがります。

実際のところ、例えば、著作権収入を夢見ても、JASRACには個人で登録できないし、なかなか難しいのですよ。
なもんで、必然的に、動画収入がまずは収入を得る方法。
でも、再生回数がマンモス級で、曲のクオリティが高ければ、どっかのレーベルが、買い取ってくれるかも???

ってことで、うまくすれば、Cubaseの金額はすぐに???元が取れてしまうかもしれません。

でもまずは、とにかく曲を書いてみるってことで、話をすすめましょw

曲を作る手順、プロのアーティストでも人によって様々な作り方をしてるみたいです。
この間のラジオで話してましたが、話の内容からすると、

山下達郎さんは、コードから作曲する。
一方、奥様の竹内まりやさんは、メロディから作曲する→それに達郎さんがコードを付ける・・・みたいです。

あとは、リズムパターンを先に決めるという人もいますし、詞から作り始める人もいます。

まぁ、なんとなくの傾向ですが、バンド系や、アナログ時代から作曲をしている人は、コード進行から曲作りをする人が多いようです。

僕の場合、基本的には、詞が先です。

厳密に言うと、自分で詞を書くときは、詞とメロディを同時に作り、ほかの人から詞を貰うときは、詞をもらってから、メロディを作ります。

でも、音楽理論があまりわからない初心者の方は、やはり、メロディを先に作るほうが、わかりやすいですね。

そのために、CUBASEが必要ですし、後で紹介する、
「BAND IN A BOX」が、最強のパートナーになるはずです。




関連記事

2014/09/14 09:24 [edit]

category: ボカロ作成日記(途中経過など)

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://chikarazoe.blog.fc2.com/tb.php/5-2f5d29c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カレンダー

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

カウンター

ブロとも申請フォーム

リンク

最新コメント

ブログランキング

QRコード

Sponsored Link

関連記事

総PV数

▲Page top