Sponsored Link

Sun.

【スタレビ】木蘭の涙  

さて。
暑苦しい時期になってきましたが、そんな夜に、ふっと思い出すのが、
スタレビの「木蘭の涙

この曲は、以前にも取り上げましたが、1993年のリリースで、スタレビとしては、
唯一のヒット曲。といってもシングル15万枚。

これ以降は目立ったヒットはないのですが、もうすでに、バンド結成35周年を越え、
「ヒット曲がないのによくやってこられた」と根本要さんが言うほど、
息の長いバンドであります。

1981年にデビューし、そろそろある程度の売り上げがないと、契約を切られるという状況のなか、
4枚目のシングル「夢伝説」がCMに起用され、クビがつながった訳ですが、そうはいっても、
シングルのセールス的にはヒットとまでは行かなく、これまで35年以上の活動に中で、
最大のヒットは、1993年の「木蘭の涙」の15万枚。

さて、この木蘭の涙。1993年の発売当初は、かなりポップなアレンジでした。
歌詞の内容は、あなた(彼女)が亡くなった内容で、非常に重く、今思うと、
歌詞と、アレンジが合ってない感じですね。

1997年に、小田和正さんが、東北道の宇都宮市付近で、クルマが大破するほどの事故
を起こし数ヶ月入院後、復帰しました。

余談ですが、僕も、その1ヶ月ほど前に、ほぼ同じ場所で、クルマが大破する事故を起こしました^^;
幸い、軽いむち打ちだけで、入院はしなかったですが・・・。

その復帰直後の1998年のスタレビのコンサートに、小田さんを呼ぼうということになったわけですが、

「病み上がりで弱ってる今の小田さんなら、おれたちの言うこと聞いてくれるかもしれない」

という理由で、まんまと、小田さんにアロハ着せてウクレレ弾かせて、ハワイアン歌わせることに成功しました。

そういったことから、小田さんとスタレビに交流が生まれたわけですが、
小田さんにしても、木蘭の涙は「あれは名曲」と常々思っていたそうです。

それから多少の時間が過ぎ、小田さんは「木蘭の涙」をピアノの弾き語りで自らの
コンサートなどで歌い、そして、そのバーションを「木蘭の涙~Accorstic~)として、
スタレビも再リリースしています。

いまでも、スタレビの根本要さんは、「小田さんの木蘭に我々は救われた」と
言っています。

というのも、アコースティックバージョンの木蘭は、その後、様々なアーティストに
カバーされているからです。
佐藤竹善さん
コブクロ
坂本サトルさん
小野正利さん
森恵さん
そして、最近では、高畑充希ちゃんも!

では、オリジナルと、小田さんバージョンと、高畑充希ちゃんのバージョンをどうぞ!!!





充希ちゃんの動画は、削除される可能性が高いので、是非早めにどうぞ!
充希ちゃんのバージョンは、オリジナルとアコースティックのミックスといった感じですが、
充希ちゃんの透明感のある声にはぴったりですね!



関連記事

2016/06/19 21:53 [edit]

category: きれいな歌に会いに行く

thread: お気に入り&好きな音楽 - janre: 音楽

tag: 木蘭の涙  高畑充希  充希  スタレビ  小田  和正   
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://chikarazoe.blog.fc2.com/tb.php/237-fdf19116
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カレンダー

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

カウンター

ブロとも申請フォーム

リンク

最新コメント

ブログランキング

QRコード

Sponsored Link

関連記事

総PV数

▲Page top