Sponsored Link

すでに年末ですが。
その前にちょっとしたイベントとして、クリスマスがありました。

ここ数年、この時期になると、何となく、時代の移り変わりを感じる時があります。

今年は、12月24日の夜に放送された、「クリスマスの約束

TBS系で毎年、12月25日深夜に放送される、この番組。
今年は珍しく、24日深夜放送。

この番組は、2001年から始まり、今年で15回目。
小田和正さんが、アーティストのゲストを招いてコラボを行うという、
番組。

この番組を毎年見てて思うのですが、時代は変わっていってるなと。

2001年にはじまった当初は、山下達郎さんの「クリスマスイヴ」を
なんとか、達郎さんに来てもらって、一緒に歌えないかという
無謀な企画ではじまったということですが、2001年にはその願いは叶わず、
翌2002年の同番組で、山下達郎さんからの手紙を、小田さんが朗読。
その中で
「時代を超えて、小田さんに「クリスマスイヴ」を取り上げてもらうなんて・・・」
と書かれていました。

かつては、かなり強烈なライバル意識を持っていた達郎さんと小田さん。
「バンドで行き詰まった私は、オフコースは強烈なライバルでした。そっちがバンドのコーラスなら、こっちは一人で・・・」
と当時の心境も、手紙に書かれていました。

15回を迎えた今回まで、達郎さんは出演されていませんし、いつの間にか、番組で
「クリスマスイヴ」は歌われなくなりましたが、たぶん、小田さんの中では、
今でも、「達郎と一緒にクリスマスイヴを歌う」ということが、最終目標なのかもしれません。

この出来事も時代の移り変わりですが、かつて、オフコース時代は、全くテレビに出なかった小田さん。
それが、年1回ですが、レギュラー番組を持つようになったことも、時代の移り変わりでしょう。

元々小田さんは、元々、様々なアーティストがそれぞれお互いを認め合う機会があっても良いのではという
考えはずっとあって、オフコースで一時代を築いた1985年頃に、日本グラミー賞(仮題)構想を持って、
あちこちかけずり回ったあげく、総スカンを食らった苦い経験もありました。

それをもっとラフな形でとはじまった「クリスマスの約束」で、様々なアーティストの楽曲を取り上げるので、
一緒に歌ってもらえないかというオファーを、小田さん自ら、様々なアーティストに出しているのです。

2001年の最初の年は、7人のアーティストにオファーを出して、全員NG。
2002年も全員NG
2003年も全員NG
ということで、当初3年間は、だれもゲストが来ないという、企画倒れとなってしまった訳です。
(それでも、小田さんのステージですので、番組的には成立したんですけどね)

その後は、少しずつ、かつての盟友のアーティストの方々が
ゲストに出てくるようになりました。

そして、いきものががりや、JUJU清水翔太など、若い実力派アーティストとコラボする
様になり、こらも時代の変化だと思います。

そしてついに、今年は、AKBの「恋するフォーチュンクッキー」を小田さんが歌っちゃいましたねw
トライセラトップスの和田さんとギター2本で歌った訳ですが、アイドルソングが、アコースティックバージョン
に変わった瞬間でした。

かつて、秋元康さんが、オフコースの曲に歌詞をつけていたことがあります。

1985年~1989年までの松尾一彦さん作曲の曲だけですが、この頃小田さんは、
「秋元の歌詞はキライ」とか
「あんな詞なら、俺が書いた方がよっぽどまし」

とか、あからさまに、秋元康さんを非難してましたが、今回は、
「この曲すごい良い曲だし・・・」

とべた褒めでした。

小田さんが、秋元さんを認めた瞬間でしたね。これも時代の移り変わりですね。



関連記事

2015/12/28 21:20 [edit]

category: きれいな歌に会いに行く

thread: お気に入り&好きな音楽 - janre: 音楽

tag: クリスマスの約束  クリ約  小田和正  山下達郎  いきものがかり  委員会  JUJU  清水翔太  ユーミン  秋元康 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://chikarazoe.blog.fc2.com/tb.php/216-dc07e042
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カレンダー

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

カウンター

ブロとも申請フォーム

リンク

最新コメント

ブログランキング

QRコード

Sponsored Link

関連記事

総PV数

▲Page top