Sponsored Link

Tue.

【言葉遊び】素敵な歌です。  

さてさて。

新聞のラテ欄の縦読みが時折話題になるんですけど、
普段、横に読む文章が、タテに読むと、また別な文書になる
という、おもしろい言葉遊び。

ふと思い出したのが、大滝詠一さんの「魔法の瞳」という曲。

この曲の作詞は、盟友の松本隆さんですが、歌詞を縦読みすると、
別の言葉が出てくる、ちょっと気の利いた歌詞になっています。

ズバリそれは、こうです。

ステキな夜
キスをして
抱きしめながら
夜空飛びたい

という、ブリッジの部分の歌詞ですが、
これをすべてひらがなにして、頭の文字だけ縦読みすると、

「すきだよ」

になります。

この曲自体、ちょっとメルヘンチックなおとぎ話的な曲と詞になっていますが、
あと、このブリッジの直前に、サンプリングで「好きだ」と入っています。



それと言葉遊びの歌をもうひとつ。
これは、曲ではなく、短歌なのですが、
小さなお茶会」というコミックにでてくる短歌。

小さなお茶会というのは、1980年代半ばに発売された、猫十字社さんのコミック。
もふもふ猫のもっぷと、ころころ猫のぷりんの夫婦の日常の
お話です。
もっぷは歌人という職業になっていまして、とはいっても、
年中、夫婦でお茶を飲んで過ごしているというストーリー。

その中に出てくる、もっぷの歌で、

遠き夢 咲く心の野辺の 君にまで 
聞こえるように 鈴 僕は振る

という歌。

この歌の中には、「ときめくこころのきみにきす」

という言葉が隠されています。

これは、この歌が出てくるお話に、「ときめくこころ」という香水(マンガの中の架空の香水です)
をつけたぷりん奥さんに対し、もっぷさんが作った歌になるんですね。

現在でも、新装版とか、完全版とか発売されていますので
よかったらみてみてください。






それともう一つ、言葉遊びといえば、これも日本語ならではの回文

今をときめく三谷幸喜さんが、20代のころ(そこそこイケメンでした。メガネしてなかったし)
に「子供、ほしいね」という、シチュエーションドラマで披露した、回文

「酢豚作りモリモリ食ったブス」

「すぶたつくりもりもりくつたぶす」

かなり傑作の回文ですねw



関連記事

2015/09/15 23:01 [edit]

category: きれいな歌に会いに行く

thread: おすすめ音楽♪ - janre: 音楽

tag: 大滝詠一  魔法の瞳  EACH  TIME  小さなお茶会  猫十字社  三谷幸喜  回文 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://chikarazoe.blog.fc2.com/tb.php/199-e77b5247
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カレンダー

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

カウンター

ブロとも申請フォーム

リンク

最新コメント

ブログランキング

QRコード

Sponsored Link

関連記事

総PV数

▲Page top