Sponsored Link

--.

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --
早速ですが、この動画から。



この動画は、1985年か86年頃ですので、約30年前になりますが、
これまでオフコースのギタリストとして、バンドで作曲を行ってきた
鈴木康博さんのDTM講座みたいなものです。

鈴木さんは、オフコース脱退後、「オフコースの活動を邪魔しないような音楽をやる」
として、打ち込み中心のコンピュータミュージックに転じました。
(その後、本職である、フォーク系に戻ってますが)

当時は、TMネットワークの小室哲哉さんもこんな感じで、機材並べてましたね。

ニコ動のコメントにもありますが、映ってる機材で、数千万の機材です。

当時は、キーボード、シンセサイザー、シーケンサ、ドラムマシンなど、
それぞれ、機材をそろえなければならなかったんですね。

鈴木さんが最初にキーボードのパートを打ち込んでいる、黒い機材が、シーケンサー
です。

※音楽用シーケンサーと、PLC(三菱電機の商標で、シーケンサ)との区別ですが、
音楽用はシーケンサーと伸ばし、PLCを差す場合は、シーケンサと伸ばしません

このシーケンサーは、DX1(キーボード)からのMIDI信号により、音譜が、シーケンサー内に
電気信号として取り込まれ、数値化して表示されます。
この数値をいろいろ変化させ、アルペジオとか表現するのですが、見てると解るとおり、
表示部がちょっとしかありませんし、数字で出てくるので、ものすごく、解りづらいでしょうね。

これを考えると、今のピアノロールでの打ち込みがどれだけ進化しているかが解ります。

次にドラムマシーンで、指ドラムでステップ入力していますが、これに関しては、
今も余り変わりませんね。

そして次に、ベースを、これまた、数値だけで打ち込みを行う・・・
もう全く解りませんね。

この動画を見ていると、30年前も、バンドでなくても、楽器が弾けなくても作曲することは可能ではありますが、
相当な機材と、地味な打ち込み作業が必要だと言うことが解ります。

今は、これが、たった1台のパソコンと、CUBESEなどのDAWにより、オールインワンで、
しかもものすごく作業効率高く、ビジュアルにも富んで作曲することができるのです。
しかも数万円のパソコンと、DAWだけで。

鈴木さんは、東工大でロボット工学を学んだ、理数系の方ですが、
当時は、こういう、ロジカルな方でないと、なかなかここまで使いこなすことはできなかったでしょう。

これぞ技術の進化ですね!

関連記事

2015/07/04 23:46 [edit]

category: 音楽あれこれ

thread: DTM - janre: 音楽

tag: 作曲  ボカロ  DTM  鈴木康博  DAW  DX1  シンセサイザー  シーケンサー 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://chikarazoe.blog.fc2.com/tb.php/181-0022fc4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カレンダー

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

カウンター

ブロとも申請フォーム

リンク

最新コメント

ブログランキング

QRコード

Sponsored Link

関連記事

総PV数

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。