Sponsored Link

Mon.

【BRIGHT】I'll Be There  

このタイトルを聞くだけで泣いちゃいますよ。僕は。

実力派ゴスペルグループのBRIGHTは、2013年に解散してしまいましたが、
彼女たちが成功しなかったのは、やはり、日本の音楽はまだ未熟なんだろうか
と感じてしまします。

この曲は2011年の曲。もう少し前に、彼女たちのことを知っていれば良かった
って思います。

この曲に出会ったのは、2011年。この曲が出たとき。

偶然のきっかけでした。

僕が以前から聴いていた、女性R&Bボーカリストの露崎春女さんが、
この、BRIGHTの「I'll Be There」を作詞・作曲していたのです。

露崎春女さんは、デビュー当初は、R&Bでしたが、途中で、Lyricoと改名し、
ゴスペルシンガーになり、その後、また、露崎春女と戻していますが、
キセキノハナや、スカボロ-フェアなど、ゴスペル調の曲もまた、素敵です。
そのあたりの、露崎春女さんはまたそのうち取り上げますね!

そんな中、BRIGHTに書き下ろしたのが、「I'll Be There」です。

はっきり言って、泣けます。最初は、バラードだねって思う程度かもしれませんが、
歌詞をじっくり噛みしめていくと、本当に、号泣必至です。

これまでのBRIGHTは、どちらかというと、ダンスミュージックに近いものが
あったのですが、この曲で、彼女たちの本流のゴスペルに、原点に戻った
感じがします。

どうして彼女たちが成功しなかったのか?
非常に悔やまれます。



関連記事

2015/04/27 23:06 [edit]

category: きれいな歌に会いに行く

thread: おすすめ音楽♪ - janre: 音楽

tag: BRIGHT  露崎春女  R&B  ゴスペル  ダンス 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://chikarazoe.blog.fc2.com/tb.php/145-55bfee22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カレンダー

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

カウンター

ブロとも申請フォーム

リンク

最新コメント

ブログランキング

QRコード

Sponsored Link

関連記事

総PV数

▲Page top