Sponsored Link

こんばんわ!!!



今日も、まずは、CUBASEで作った曲を聞いてください。
最新作の「HIDE AND SEEK」です。
チャンネル登録お願いします。

このブログは、CUBASEで手軽にボカロ曲を作ることを目的にしてますが、作曲とか、DTMを初めての人にとっては、
CUBASEでいきなり、5~6万の出費って結構痛いかなーと思います。

ってことで、今日は、閑話休題。
お手軽なDAWを紹介します。
ただし、このブログでは、操作方法等は触れませんので、ご自身で判断して導入してください。

まずは、Macユーザーであれば、タダで手に入る、かなり本格的なDAW
「GARAGE BAND」
iPhone版もありますが、MacPC版はかなり本格的です。
僕もMacユーザーなら、間違いなく、これから始めます。

次におすすめなのは、
「Singer Song Writer Lite」
多くのDAWが外国製であるのに対し、「Singer Song Writer」シリーズは、純国産。
取説や解説書も充実して、初めての人にはかなり取っ付き易いです。

オーディオ録音やピアノロール打ち込みより、譜面打ち込み操作が非常にわかりやすく、操作しやすいので、まずは、好きな曲の、バンドスコア買ってきて、カバーしたい!!
っていう人にはかなりおすすめ。
以前は、GM音源しかなかったのですが、最近のバージョンでは、本格的な、マルチティンバー音源が付属されているので、ショボイ音にはなりません。

また。鼻歌から、メロディを認識して、コードをつけて、アレンジしてくれる機能もありますので、初心者おすすめとして、よく紹介されます。

「Lite」がついていない本格版は、やはり5~6万しますが、「Lite」版は、1万5千円前後ですので、これを導入するのも手です。

本格版とLite版の違いは、付属音源の数と、アレンジパターンの数、ループ素材の数の違いだけですので、基本機能はLite版で十分です。

そうは言っても、これらのソフトでは、限界がかなり早くやってきますので、やはり、できればCUBASEを入れたほうがいいと思います。

ここで、マルチティンバー音源という言葉が出てきましたが、これは後日。
これにより、最初に言った、楽器を買うより安い!っていう意味がわかると思います。

関連記事

2014/09/17 22:40 [edit]

category: ボカロ作成日記(途中経過など)

thread: VOCALOID - janre: 音楽

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://chikarazoe.blog.fc2.com/tb.php/12-b0c64804
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カレンダー

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

カウンター

ブロとも申請フォーム

リンク

最新コメント

ブログランキング

QRコード

Sponsored Link

関連記事

総PV数

▲Page top