Sponsored Link

--.

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --
ちょっと久々に、欅坂乃木坂から離れたお話。

その前に、最近、断片的な歌詞やメロディが溜まってきていて、
早く1曲にしたいと思っていますが、なかなか忙しくて進まず・・・・

さて、タイトルのぜんまいじかけですが。

ぜんまいじかけの水曜日という曲と、ぜんまいじかけのという曲を
ご存じでしょうか?

クリエーターは、2曲とも、作詞が、秋元康さん、作曲が松尾一彦さんです。

先月かな?秋元康さんがラジオに10時間出演されていて、これまでの楽曲
について色々お話しされていて、当然、AKB坂道の楽曲についても話されていましたが、
このときに、「フォーチュンクッキー」とか、「ポニーテールとシュシュ」とか、
強烈なタイトルは2度は使えないと話していました。

しかし、このぜんまいじかけの水曜日ぜんまいじかけのの2曲は、
同じタイトルを2回使っているんですね。

どちらも同じ時期に発売された曲ですので、制作時期もほぼ同じと
言えます。
ぜんまいじかけのは、1985年9月発売、ぜんまいじかけの水曜日は、
1985年11月発売です。

ま、そういうことで、これは、秋元氏の企画の一環なんでしょうね。

ぜんまいじかけのは、当時、日本を代表するニューミュージックバンドの
オフコースのシングル、「夏から夏まで」のB面に収録された曲。

1982年7月に小田和正さんの盟友、鈴木康博さんがオフコースを脱退し、
5人(小田、鈴木、清水仁、松尾一彦、大間ジロー)の活動にピリオドを打ち、
約1年半、活動休止し、1984年春に、鈴木さんを除く4人で再スタートした
オフコース。翌年の3年ぶりのツアーに向けてや、ツアー後半に向けて、
1985年は、シングルを矢継ぎ早にリリースしていました。

5人の時代は、オフコースの楽曲は、小田さんか鈴木さんが作詞、作曲した曲が
ほとんどで、1980年頃から、松尾さんが作曲した楽曲が1曲程度入っていましたが、
松尾さんの楽曲の作詞はほとんどが小田さんでした。

秋元康さんと松尾一彦さんは、稲垣潤一さんのアルバムのレコーディング
で出会ったそうですが、その際に、いつかオフコースにも歌詞書いて欲しいと、松尾さんから
オファーしたそうです。

鈴木さんが抜け、4人になったオフコースは、鈴木さんが担当していた曲数分の作曲を、松尾さんが
担当せざる得なくなったわけですが、作曲はともかく、作詞が苦手な松尾さんにとって、
秋元康さんとの出会いは、願ったり叶ったりだったかもしれません。

そうしたことから、オフコースの1985年第一弾シングル「Call/二度目の夏」では、
B面の「二度目の夏」の作詞から、秋元康さんが参加しています。もちろん、この
二度目の夏の作曲は松尾さんです(Callは小田さんの作詞作曲)。

一方の、ぜんまいじかけの水曜日ですが、こちらも、当時、日本のトップアイドルだった、
荻野目洋子さんの大ヒットシングル「ダンシング・ヒーロー」のB面に収録された曲。

実際には、ぜんまいじかけの水曜日も、ぜんまいじかけのも、ほとんど、共通点が
無い楽曲で、ぜんまいじかけの水曜日は、片思いの女性が、好きな人を思うあまり、
彼のマリオネットのように振る舞ってしまうという内容。曲も、薄ら悲しいかんじではありますが、
アイドル曲だなーと思えるもの。

ぜんまいじかけのは、一転、ロック調の楽曲。オフコースには珍しい、ディストーションギターの
サウンドと、ドライなスネアサウンドが、キマッてる、クールでヘヴィーなアレンジ。
失恋してやさぐれた男をイメージさせる歌詞で、水曜日とはまったく正反対な楽曲です。

それにしても、松尾さんも秋元さんも、同じ時期に、こうも正反対な楽曲wつくるもんだ
と感心しますね。

ちなみに、ぜんまいじかけの嘘は、紹介する音源がオフコースのライヴ音源ですので、
バッキングの部分が、ギターからホーンセクションに置き換わってます。















スポンサーサイト

2017/06/04 15:05 [edit]

category: きれいな歌に会いに行く

thread: 音楽 - janre: 音楽

tag: 秋元康  松尾一彦  荻野目洋子  ぜんまいじかけの    水曜日  AKB  坂道  乃木坂  欅坂 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

カレンダー

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

カウンター

ブロとも申請フォーム

リンク

最新コメント

ブログランキング

QRコード

Sponsored Link

関連記事

総PV数

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。