Sponsored Link

--.

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --
かつて、フジテレビで日曜日の夜7時半から放送していた、世界名作劇場
どこからが世界名作劇場かは、ウィキペディアによると、諸説あるらしいのですが、
ムーミンや、アルプスの少女ハイジも、世界名作劇場とする説と、
フランダースの犬からが世界名作劇場とする説があるらしいです。

公式には、フランダースの犬が世界名作劇場の第1作となるようですが、
1年クールのアニメ、フジテレビの日曜夜7時半からのアニメとしては、
それ以前の、アルプスの少女ハイジや、ムーミンも含まれるみたいですね。

今は、日アニとして、朝9時半からのワンピースに受け継がれているようですが・・・・・

さて、これらの名作アニメの主題歌で、主題歌としても名作だと思うのが、
ふしぎな島のフローネのOP

フローネは、1981年の1月~12月まで放送されましたが、
このアニメのOPが、個人的に印象に残っています。

サビから始まるこの曲。しかもファルセットから入るという、
非常に印象的なメロディです。

以前、なにかのきっかけで、この曲の話になり、
この曲のどこが気に入ってるか?って話になったことがあったんですね。

そのときに、僕は、「ファルセットから戻る瞬間が好き」って言って、
もう一人(女子です)が、「ファルセットのところが好き」ってなって
お互い、どうしてそこが好きなのか、議論になったことがありますwww

Youtubeのコメントにも、ファルセットが好きとか、ファルセットの後の
「頬に受け」とか、「白い砂」のところがたまらない!!といったコメント
もあり、あぁ、自分と一緒だ!!!と共感しましたw

そんなまでに議論になる曲をどうぞ!!!




スポンサーサイト

2015/09/27 21:07 [edit]

category: アニメ

thread: おすすめ音楽♪ - janre: 音楽

tag: フローネ  世界名作劇場  フジテレビ   
tb: 0   cm: 0
さてさて。
このブログにたびたび出てくる、オフコースですが、
なかなかこの方のことを取り上げることは、少ないかなと思います。

現在も、シングルやアルバムを出せば、ヒットチャートの上位に上がり、
ものすごく活躍している、小田和正さんに比べると、
現在の、鈴木康博さんの活躍は、残念ながら、メジャーになっていません。

小田和正さんと共に、オフコースを結成し、オフコースのスーパーギタリスト
として活躍され、音楽的にも、バンドのオフコースをメジャーにのし上げた
第一人者ではありますが、人気絶頂の1982年にオフコースを脱退。

その後、コンピュータミュージックへと転身し、自身も、「素敵にシンデレラコンプレックス」や
「エンドレスサマー」などのヒット曲を出しますが、その後は、本職のアコースティックに回帰。

そのあたりから、ライヴや、作曲、編曲のフィールドを中心とした
音楽活動を続けていらっしゃいます。

さて、以前、シーケンサーの動画で、ロジカルな鈴木康博さんを取り上げましたが、
今回は、本職のアコースティック

今日は、オフコース時代と、ソロの同じ曲の違う音源を聴いていただきたいと想います。

でももう花はいらない」という曲ですが、この曲は、1973年(僕が生まれた年です^^;)
のオフコースの1stアルバムに収録されている、鈴木康博さん作詞、作曲の曲です。

この曲は、現在でも、鈴木康博さんのライヴで歌われる名曲ですが、オフコース時代とほとんど
変わらないアレンジで、歌われています。

オフコース時代は、この曲は、ライヴ(当時は、リサイタルといってました)では、小田さん、鈴木さんの
2本のアコースティックギターで演奏されていましたが、鈴木さんソロになってからは、もちろん、
鈴木さん一人でギターを弾いています。

しかし!
ギターのアレンジが、2人のギターと全く同じで、鈴木さんは、2人分のギターフレーズを
1人で弾いてるんです!しかも、2人と時と全く同じギターフレーズで!!!!

これはスゴいです。
ここが、鈴木康博さんがスーパーギタリストという所以です。

ちなみに、オフコース時代のライヴでは、鈴木さんは、一度もミスをしたことがありません。
しかも、歌いながら、複雑なフレーズを弾いたり、これまたオフコースを少しでも知ってる人
からすれば、伝説とも言えるギタリストなのです。

今回は音源がなく取り上げませんが、オフコース時代の鈴木さんの曲に
「失恋のすすめ」という曲が有り、こちらは、1978年の曲ですが、
この曲は、オフコース時代は、ギター2本とベースというシンプルな
アレンジの曲です。

これも、鈴木さんがソロになってから、ギター2本分とベースのフレーズを、
なんと、鈴木さん、ギター1本で全て弾いてるんですね。

それでは、まずは、オフコースの小田さん、鈴木さん2人時代のライヴで、
でももう花はいらない
こちらは、小田さんと鈴木さんがギターを弾いています。



次は、鈴木さん、ソロです。
まったく同じフレーズで、一人でギターを弾かれています。


2015/09/22 23:03 [edit]

category: きれいな歌に会いに行く

thread: お気に入り&好きな音楽 - janre: 音楽

tag: オフコース  鈴木康博  ギタリスト  小田和正  ギター  でももう花はいらない  フォーク  アコースティック 
tb: 0   cm: 0
日本の夏いえば、過去の戦争に伴う様々なイベント、追悼、報道、たくさんありますが、
今年は、さらに、安全保障法案の審議など、平和安全に関わる事柄が、
忙しい夏でありました。

さて、先週末に、平和安全法案が可決されたので、ちょっとタイムリーな曲を。

マスコミでは「戦争法案」だの、「徴兵制」だの騒がれていましたが、
賛成、反対はともかく、誰も、戦争をしたいとか、徴兵されたいとか
思っているわけでなく、日本国民のほぼ全数が、戦争反対なんだと
思います。

今日扱うのは、カルチャークラブの「戦争のうた

カルチャークラブは、ボウイジョージを中心にした、イギリスのロックグループ。
1983年に、「カーマはきまぐれ」が日本でも大ヒットし、ボウイジョージのゲイファッションも
相まってか、オカマにかけて、「カーマカマカマカマ」って、小学生とがか口づさんでました。
(僕もその一人w)

さて、カーマはきまぐれが大ヒットした後、メッセージ性の強い楽曲「戦争のうた」をリリースします。

この曲は、英語、フランス語、日本語のそれぞれのバージョンも存在します。

通常バージョンは、英語ですが、このオリジナルバージョンも、最後のフェードアウト直前に
「センソウハンタイ」と日本語が入っています。

オリジナルバージョンのカップリング(当時はB面)が、各国バージョンだったのですが、
日本語バージョンは、サビの部分が全て、「センソウハンタイ」になっているのです。

まぁ、この「センソウハンタイ」なんですが、日本人が聴くと、「センソウヘンタイ」に聞こえるんですけどね。

では、オリジナルバージョンの「戦争のうた
ボウイジョージは美輪明宏さんみたいですww

ただ、このPV、小学生のころ、何の気なしに見てましたが、
今にして思うと、結構、考えさせられる映像ですよね。
子供たちがたくさん出てきますが、子供たちに戦争させては
いけないという思いなのでしょう。

しかも、出てくる子供たちは、ゲーム感覚で戦争に
参加しているというような印象で、そういったことは、
大人たちがやめさせなければならないという教訓というか、
メッセージが込められているようです。

あと、原爆投下のキノコ雲も映像としてありますので、
閲覧にはご注意ください。



2015/09/20 13:23 [edit]

category: きれいな歌に会いに行く

thread: おすすめ音楽♪ - janre: 音楽

tag: カルチャー  クラブ  ボウイ  ジョージ  戦争の歌  うた  平和  安全 
tb: 0   cm: 0

Tue.

【言葉遊び】素敵な歌です。  

さてさて。

新聞のラテ欄の縦読みが時折話題になるんですけど、
普段、横に読む文章が、タテに読むと、また別な文書になる
という、おもしろい言葉遊び。

ふと思い出したのが、大滝詠一さんの「魔法の瞳」という曲。

この曲の作詞は、盟友の松本隆さんですが、歌詞を縦読みすると、
別の言葉が出てくる、ちょっと気の利いた歌詞になっています。

ズバリそれは、こうです。

ステキな夜
キスをして
抱きしめながら
夜空飛びたい

という、ブリッジの部分の歌詞ですが、
これをすべてひらがなにして、頭の文字だけ縦読みすると、

「すきだよ」

になります。

この曲自体、ちょっとメルヘンチックなおとぎ話的な曲と詞になっていますが、
あと、このブリッジの直前に、サンプリングで「好きだ」と入っています。



それと言葉遊びの歌をもうひとつ。
これは、曲ではなく、短歌なのですが、
小さなお茶会」というコミックにでてくる短歌。

小さなお茶会というのは、1980年代半ばに発売された、猫十字社さんのコミック。
もふもふ猫のもっぷと、ころころ猫のぷりんの夫婦の日常の
お話です。
もっぷは歌人という職業になっていまして、とはいっても、
年中、夫婦でお茶を飲んで過ごしているというストーリー。

その中に出てくる、もっぷの歌で、

遠き夢 咲く心の野辺の 君にまで 
聞こえるように 鈴 僕は振る

という歌。

この歌の中には、「ときめくこころのきみにきす」

という言葉が隠されています。

これは、この歌が出てくるお話に、「ときめくこころ」という香水(マンガの中の架空の香水です)
をつけたぷりん奥さんに対し、もっぷさんが作った歌になるんですね。

現在でも、新装版とか、完全版とか発売されていますので
よかったらみてみてください。






それともう一つ、言葉遊びといえば、これも日本語ならではの回文

今をときめく三谷幸喜さんが、20代のころ(そこそこイケメンでした。メガネしてなかったし)
に「子供、ほしいね」という、シチュエーションドラマで披露した、回文

「酢豚作りモリモリ食ったブス」

「すぶたつくりもりもりくつたぶす」

かなり傑作の回文ですねw



2015/09/15 23:01 [edit]

category: きれいな歌に会いに行く

thread: おすすめ音楽♪ - janre: 音楽

tag: 大滝詠一  魔法の瞳  EACH  TIME  小さなお茶会  猫十字社  三谷幸喜  回文 
tb: 0   cm: 0
さてさて、先日紹介した、「BRAVE BRADE」ですが、
島村楽器主催の「HOT LINE2015」の仙台ショップ予選通過で、
次は、東北エリア予選だそうです!

とりあえず、予選通過おめでと-----!!!!!

今日はそれが言いたくて・・・

そのうち、絶対に応援に行くからね!!!!

ではでは。

今後、ライヴとか告知が発表されたら、ここでも流しますね~~~~

お近くの方(仙台周辺だね!)は是非どうぞ!!!!

歌唱力は保証します。なんせ、僕が最初にせりなに引っかかったには、
通りすがりのライヴでしたから。

この歌うまの女の子だれ?

って立ち止まって聞き入ったくらい!!!!

約1年前ですが、せいちょうしたね~
歌詞間違えるのは、まだ治んないかな????

ってことで、今日は特に何も無く、おわりw

じゃぁもったいないから、ついでにハレルヤの宣伝w

Youtube、ニコ動で絶賛好評再生回数アップ中!!!

ならいいけどね~

毎日見てね!毎日聴いてね!!!!


良かったら歌ってくださいw

2015/09/14 20:30 [edit]

category: ゆるブログ

tag: BRAVE  BRADE  せりたん  せりな  にゃんぽんたん  ハレルヤ 
tb: 0   cm: 0
夏の終わりに、夏のリゾートミュージックのお話。

80年代半ば、ニューミュージックという音楽ジャンルの中に細分化された、
リゾートミュージックというジャンルがJ-POPの中に確立されました。

ユーミンが、冬のリゾートミュージックの第一人者であったこの当時、
夏のリゾートミュージックの第一人者は、山下達郎さんと、大滝詠一さん。

大滝さんの曲は、このブログでもなんども取り扱ってるので、
今日は、山下達郎さんの曲について。

「クリスマス・イヴ」が、毎年、冬の時期になると、街角ののBGMや、
CMなどで取り上げられるので、山下達郎さんのイメージは、どちらかというと
冬のイメージなのではないでしょうか。

しかし、僕の中では、達郎さんは、「シュガーベイブ」の時代から、
夏のイメージなんですね。

当時の東芝EMI vs CBSソニーのニューミュージック構図って、
東芝のアーティストが、ユーミンの冬のリゾートミュージックと、
ラブソングを扱う、オフコースチューリップだったのに対し、

アメリカの西海岸のイメージを前面に出した、達郎さんや、大滝詠一さん
の構図だったような気がします。

特に、80年代~90年代初めにかけて、ユーミンが、12月の初旬の月曜日に
アルバムをリリースしてたのは、周到な戦略によるものですね~。

それはさておき。

今日は、達郎さんの夏の曲、「JODY」について。

この曲は、1984年の映画、「BIG WAVE」のサウンドトラックとしてリリースされたアルバムに
収録されています。
映画事態は、「サーフィン」をテーマとしたドキュメンタリー映画で、サウンドトラックアルバムといっても、
全てが達郎さんのオリジナルではなく、B面(レコードです!!!!)は、
ベンチャーズのカバー。

A面に収録されている曲が、達郎さんがこの映画のために書き下ろした曲で、
その中の1曲が、「JODY」

実は、このアルバムの中に、夏の曲ではない、実は、秋の曲に「I LOVE YOU」という名曲も
収録されているのですが、これはまた今度。

さて、では、JODYを聞いてもらいましょう。



さて、ふたつのJODYとしたタイトルには、意味があり、
この、BIG WAVEに収録されたオリジナルとは別に、後に、日本語の歌詞にした
「哀しみのJODY」という曲もリリースされています。

こちらの方が、CMに使われたりしているので、聴いたことあるかもしれませんね。




2015/09/13 21:17 [edit]

category: きれいな歌に会いに行く

thread: おすすめ音楽♪ - janre: 音楽

tag: 山下達郎  シュガーベイブ  リゾートミュージック  東芝EMI  CBSソニー  大滝詠一  ユーミン  オフコース  チューリップ  BIG 
tb: 0   cm: 0
小さい頃はおばあちゃん子だった訳ですが、その影響からか
おばあちゃんが好きだった民謡は、今でも好きです。

まぁ、ホントにいろんな民謡聴いてましたし、歌ってましたね~
そこそこうまいんですよ。これが。

民謡のカセットテープ買ってきたり、そのうち、僕に買ってくるように頼んだり、
でも、歌詞カードの字が小さくて読めないからって、新聞のチラシの裏に
歌詞を書き写したりしてましたよ!!!

昔は結構、民謡番組ってありましたよね。
日曜日の朝は、クボタ民謡お国めぐりって番組があって、
おばあちゃんと一緒にみてましたね~

そんなおばあちゃんが、一番良く歌ってたのが、「鰺ヶ沢甚句

こんな曲です。
決して、ミクさんが口三味線やったりしてる民謡じゃないですが、
イマドキの感覚でご覧くださいw



2015/09/12 23:39 [edit]

category: きれいな歌に会いに行く

thread: おすすめ音楽♪ - janre: 音楽

tag: 民謡  鰺ヶ沢甚句  おばあちゃん  クボタ 
tb: 0   cm: 0
急にこの言葉が出てきた。

少し前から、小柳ルミ子さんの「来夢来人」という曲について書こうと思って、
どう書いたら良いかなーって考えていたんですが、
来夢来人」とおう言葉から入ろうかなとも。
いろいろ考えた結果、混ぜこぜですみません。

まずは、コミックから。

98年ごろかな~。ちょっと前になるんですが、このタイトルのマンガが
連載されまして、程なく、コミックを手にしたんですね。

大人漫画です。はっきり言って。ちょっとエロっぽいところもあり。
しかし、主人公の沙羅が営むBAR来夢来人
ここで出されるカクテルは、客の悩みや後悔をやり直ししてくれる薬効を持ったカクテル。
そして、やり直したからと言って、前より良くなるとは限らない、幸も不幸も飲んだ客次第。

なぜか竹取物語や、魔女狩りなど、神話に近い歴史背景がちょくちょく出てくる。

カクテル自体は、世の中に存在するもの。カクテルコンクールなどで、入賞した
カクテルや、有名なカクテルバーで出されているものが多いが、同じカクテルでも、
来夢来人で出されると、沙羅の魔力が乗り移る、不思議なカクテルとなる。

な~んてコミックですが。

これを途中まで買いましたね。最後までは買わなかったんですが・・・・

さて、今日のメインは、実は、小柳ルミ子さんの「来夢来人」という曲。

この曲とは全く別なんですが、大友裕子さんという方(知らんなー)が来夢来人という曲を
歌い、それをあみんカバーしてという歴史があるみたいです。

そして、1980年にリリースされた小柳ルミ子さんの「来夢来人」

当時は小学生でした。何でこの曲を知ったのかは解りませんが、
母親が、小柳ルミ子さんの「瀬戸の花嫁」をよく口ずさんでたのも影響があるのでしょうか。
もちろん、当時から、テレビでよく歌われてたでしょうから、知らず知らずのうちに、
頭の中に入っていたのでしょう。

小学生の低学年の僕は、この曲の1番のサビの部分、
「桜の吹雪を浴びいて~♪」
とよく口ずさんでたのを覚えています。

とは言っても、誰の何という曲か、ずっと解らなかったのです。

それが解ったのは、7~8年前、引っ越したのをきっかけに、
スカパーに入ったんですね。

そのとき、ファミリー劇場で、「ドリフ大爆笑」を毎日やってたんですよ。
当然、見れないんで、録画してみてたんですが、そのとき、
聞き覚えのあるフレーズを歌う歌手が!
「これだ!!!!!」

つながりましたね~。このとき初めてつながりましたね!!
20数年(30年近いか)のギモンがやっとつながった瞬間でした。

それからしばらくは、CD借りてきて、クルマで聴いたり、ちょっとの間、はまってました。

歌詞はよく分からないんですけど、サビのメロディの秀逸さはスゴいですよ。
何十年も頭に残るんですから。

当時は、小柳ルミ子さんもすでに20代後半でしたから、アイドルからはちょっと外れた
かもしれませんが、デビュー当時はアイドルでしたね~
当時の歌手の方って、本当に歌唱力高いですね。

Youtubeにいくつか動画があったんですが、フルバージョンではありませんが、
結局、1980年当時のドリフ大爆笑での「来夢来人」が一番良かったので
それをどうぞ!!!




2015/09/11 22:17 [edit]

category: 雑談

thread: おすすめ音楽♪ - janre: 音楽

tag: 小柳ルミ子  来夢来人  ドリフ大爆笑  あみん  瀬戸の花嫁  カバー 
tb: 0   cm: 0

Sun.

【BRAVE BRADE】応援してね!!!  

さてさて・・・・
個人的にちょっと知ってる、女の子を紹介します。

前にもちょこっと触れたことがあったのですが、
仙台を拠点に、アニソンライブなどで活動している、「せりな

最近、さらに活動の場を広げたらしく、これまたマイナーなアマチュアバンドの
BRAVE BRADE」のボーカルとして加入したそうな。

彼女は、石巻出身で、声優科の専門学校に通いつつ、
アニソンライブや、あるときはメイド、あるときはアパレルモデル、あるときは、
バンドボーカルとパワフルに活動しています。

可愛い顔して、実は柔道2段という、パワフルな女の子。

今回紹介するのは、島村楽器主催の、「HOTLINE2015」の予選動画。
音割れで、音質はイマイチ、ボーカルのせりなの声もほとんど聞こえないという
ちょっと残念な動画ですが、良かったら見てみてくださいw

音楽的には、ちょっとよく分からないエリアですが・・・・

中途半端なロックテイストじゃなく、いきものみたいな感じにだと
良いと思うんですけどね~




2015/09/06 20:03 [edit]

category: 雑談

thread: おすすめ音楽♪ - janre: 音楽

tag: BRAVE  BLADE  せりな  にゃんぽんたん  仙台  メイド 
tb: 0   cm: 0
作詞してくれた、藤村さんからのメール
「最後、昨日と今日とおなじ君です!」
でした~。
歌詞間違えたので、またまた再アップです!

実はこれ以外にも、字幕が間違っておりまして・・・・
一緒にそれも修正しました。

ってことで、先週アップしたものは、Youtube、ニコ動共に、
非公開に切り替えまして、新たにアップした方をご覧くださいw



ぜひぜひ、こちらのYoutubeの赤いボタンを押して、チャンネル登録お願いします!



2015/09/06 00:51 [edit]

category: ボカロ作成日記(途中経過など)

thread: ボーカロイド - janre: 音楽

tag: 作曲  ボカロ  初心者  YOUTUBE  作詞  VOCALOID 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

カレンダー

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

カウンター

ブロとも申請フォーム

リンク

最新コメント

ブログランキング

QRコード

Sponsored Link

関連記事

総PV数

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。