Sponsored Link

ちょっと久々に、欅坂乃木坂から離れたお話。

その前に、最近、断片的な歌詞やメロディが溜まってきていて、
早く1曲にしたいと思っていますが、なかなか忙しくて進まず・・・・

さて、タイトルのぜんまいじかけですが。

ぜんまいじかけの水曜日という曲と、ぜんまいじかけのという曲を
ご存じでしょうか?

クリエーターは、2曲とも、作詞が、秋元康さん、作曲が松尾一彦さんです。

先月かな?秋元康さんがラジオに10時間出演されていて、これまでの楽曲
について色々お話しされていて、当然、AKB坂道の楽曲についても話されていましたが、
このときに、「フォーチュンクッキー」とか、「ポニーテールとシュシュ」とか、
強烈なタイトルは2度は使えないと話していました。

しかし、このぜんまいじかけの水曜日ぜんまいじかけのの2曲は、
同じタイトルを2回使っているんですね。

どちらも同じ時期に発売された曲ですので、制作時期もほぼ同じと
言えます。
ぜんまいじかけのは、1985年9月発売、ぜんまいじかけの水曜日は、
1985年11月発売です。

ま、そういうことで、これは、秋元氏の企画の一環なんでしょうね。

ぜんまいじかけのは、当時、日本を代表するニューミュージックバンドの
オフコースのシングル、「夏から夏まで」のB面に収録された曲。

1982年7月に小田和正さんの盟友、鈴木康博さんがオフコースを脱退し、
5人(小田、鈴木、清水仁、松尾一彦、大間ジロー)の活動にピリオドを打ち、
約1年半、活動休止し、1984年春に、鈴木さんを除く4人で再スタートした
オフコース。翌年の3年ぶりのツアーに向けてや、ツアー後半に向けて、
1985年は、シングルを矢継ぎ早にリリースしていました。

5人の時代は、オフコースの楽曲は、小田さんか鈴木さんが作詞、作曲した曲が
ほとんどで、1980年頃から、松尾さんが作曲した楽曲が1曲程度入っていましたが、
松尾さんの楽曲の作詞はほとんどが小田さんでした。

秋元康さんと松尾一彦さんは、稲垣潤一さんのアルバムのレコーディング
で出会ったそうですが、その際に、いつかオフコースにも歌詞書いて欲しいと、松尾さんから
オファーしたそうです。

鈴木さんが抜け、4人になったオフコースは、鈴木さんが担当していた曲数分の作曲を、松尾さんが
担当せざる得なくなったわけですが、作曲はともかく、作詞が苦手な松尾さんにとって、
秋元康さんとの出会いは、願ったり叶ったりだったかもしれません。

そうしたことから、オフコースの1985年第一弾シングル「Call/二度目の夏」では、
B面の「二度目の夏」の作詞から、秋元康さんが参加しています。もちろん、この
二度目の夏の作曲は松尾さんです(Callは小田さんの作詞作曲)。

一方の、ぜんまいじかけの水曜日ですが、こちらも、当時、日本のトップアイドルだった、
荻野目洋子さんの大ヒットシングル「ダンシング・ヒーロー」のB面に収録された曲。

実際には、ぜんまいじかけの水曜日も、ぜんまいじかけのも、ほとんど、共通点が
無い楽曲で、ぜんまいじかけの水曜日は、片思いの女性が、好きな人を思うあまり、
彼のマリオネットのように振る舞ってしまうという内容。曲も、薄ら悲しいかんじではありますが、
アイドル曲だなーと思えるもの。

ぜんまいじかけのは、一転、ロック調の楽曲。オフコースには珍しい、ディストーションギターの
サウンドと、ドライなスネアサウンドが、キマッてる、クールでヘヴィーなアレンジ。
失恋してやさぐれた男をイメージさせる歌詞で、水曜日とはまったく正反対な楽曲です。

それにしても、松尾さんも秋元さんも、同じ時期に、こうも正反対な楽曲wつくるもんだ
と感心しますね。

ちなみに、ぜんまいじかけの嘘は、紹介する音源がオフコースのライヴ音源ですので、
バッキングの部分が、ギターからホーンセクションに置き換わってます。















2017/06/04 15:05 [edit]

category: きれいな歌に会いに行く

thread: 音楽 - janre: 音楽

tag: 秋元康  松尾一彦  荻野目洋子  ぜんまいじかけの    水曜日  AKB  坂道  乃木坂  欅坂 
tb: 0   cm: 0

Sun.

【スタレビ】木蘭の涙  

さて。
暑苦しい時期になってきましたが、そんな夜に、ふっと思い出すのが、
スタレビの「木蘭の涙

この曲は、以前にも取り上げましたが、1993年のリリースで、スタレビとしては、
唯一のヒット曲。といってもシングル15万枚。

これ以降は目立ったヒットはないのですが、もうすでに、バンド結成35周年を越え、
「ヒット曲がないのによくやってこられた」と根本要さんが言うほど、
息の長いバンドであります。

1981年にデビューし、そろそろある程度の売り上げがないと、契約を切られるという状況のなか、
4枚目のシングル「夢伝説」がCMに起用され、クビがつながった訳ですが、そうはいっても、
シングルのセールス的にはヒットとまでは行かなく、これまで35年以上の活動に中で、
最大のヒットは、1993年の「木蘭の涙」の15万枚。

さて、この木蘭の涙。1993年の発売当初は、かなりポップなアレンジでした。
歌詞の内容は、あなた(彼女)が亡くなった内容で、非常に重く、今思うと、
歌詞と、アレンジが合ってない感じですね。

1997年に、小田和正さんが、東北道の宇都宮市付近で、クルマが大破するほどの事故
を起こし数ヶ月入院後、復帰しました。

余談ですが、僕も、その1ヶ月ほど前に、ほぼ同じ場所で、クルマが大破する事故を起こしました^^;
幸い、軽いむち打ちだけで、入院はしなかったですが・・・。

その復帰直後の1998年のスタレビのコンサートに、小田さんを呼ぼうということになったわけですが、

「病み上がりで弱ってる今の小田さんなら、おれたちの言うこと聞いてくれるかもしれない」

という理由で、まんまと、小田さんにアロハ着せてウクレレ弾かせて、ハワイアン歌わせることに成功しました。

そういったことから、小田さんとスタレビに交流が生まれたわけですが、
小田さんにしても、木蘭の涙は「あれは名曲」と常々思っていたそうです。

それから多少の時間が過ぎ、小田さんは「木蘭の涙」をピアノの弾き語りで自らの
コンサートなどで歌い、そして、そのバーションを「木蘭の涙~Accorstic~)として、
スタレビも再リリースしています。

いまでも、スタレビの根本要さんは、「小田さんの木蘭に我々は救われた」と
言っています。

というのも、アコースティックバージョンの木蘭は、その後、様々なアーティストに
カバーされているからです。
佐藤竹善さん
コブクロ
坂本サトルさん
小野正利さん
森恵さん
そして、最近では、高畑充希ちゃんも!

では、オリジナルと、小田さんバージョンと、高畑充希ちゃんのバージョンをどうぞ!!!





充希ちゃんの動画は、削除される可能性が高いので、是非早めにどうぞ!
充希ちゃんのバージョンは、オリジナルとアコースティックのミックスといった感じですが、
充希ちゃんの透明感のある声にはぴったりですね!



2016/06/19 21:53 [edit]

category: きれいな歌に会いに行く

thread: お気に入り&好きな音楽 - janre: 音楽

tag: 木蘭の涙  高畑充希  充希  スタレビ  小田  和正   
tb: 0   cm: 0
フジテレビの日9ドラマの主題歌に「愛を止めないで」が採用されたことにより、
最近では、34年ぶりにオフコースがまた、注目を浴びるようになりました。

潜在的に、オフコースの長年のファン(我々40~60代の方々)や、
ラブストーリーから小田さんの楽曲を知った、30代の方々、そして、
今、このドラマで知った若い方々・・・

ベストアルバムが出たり、近々、「愛を止めないで」のシングルが、
37年ぶりに再販されたり、また、82年の「NEXT」や、「6.30」が6月にこれまた
34年ぶりの再販決定と、最近、ブームになりつつありますね。

僕のyoutube動画で、以前から、ボカロでカバーをやってたのですが、
最近、オフコースボカロカバーの再生回数がちくちく伸びてます。

コメントもいくつかありまして、
「今度は、雨の降る日にをカバーしてくださいとか、
わりとニッチな曲をリクエストしてくださる方も出てきました。

さて、オフコースのカバーですが、実はネタばらしすると、
以前(10年以上前)、数ヶ月入院してたことがあって、このとき、余りに暇なので、
当時、パソコンに入れたばっかりの、Singer Song Writer Lite4」を
使って、オフコースの曲のバンド譜を、ちくちく入力してたんですね。

なもんで、当時のMIDIデータ使ってるだけで、今、改めて作ろうとは
思わないんですね(時間が無いし・・・)
それに、オフコースの楽譜って、もう、ほとんど出回ってないんですよ。
ギター譜とか、ピアノ譜だったらあるんですけど、バンドスコアは
もう無いですね。
たまに、ヤフオクで見かけるくらいで、見かけても、かなり高いです^^;

ということで、ここ最近、オリジナル曲のスランプから、オフコースカバーを
またやり始めてます。

このブログで教戒しませんでしたが、実は、連休中に、あの名曲
「言葉にできない」をカバーしました。

リクエストがりました、「雨の降る日に」もストックありますので、
近々カバーしますね!

では、言葉にできないをどうぞ!!!
ちなみに、この動画の後半のひまわりは、1982年の武道館コンサートで映された
映像をちょっとまねていますw



2016/05/15 22:27 [edit]

category: きれいな歌に会いに行く

thread: お気に入り&好きな音楽 - janre: 音楽

tag: 作曲  ボカロ  初心者  YOUTUBE  オフコース  OUR  HOUSE  フジテレビ  日9  ドラマ 
tb: 0   cm: 0
さてさて、4月17日から、フジテレビの日9枠にドラマが復活しましたが、
その芦田愛菜ちゃんが主演の「OUR HOUSE」の主題歌が、
オフコースの1979年リリースの「愛を止めないで

この曲は、小田さんもLOKKING BACKでセルフカバーしたバージョンもあるのですが、
ドラマの主題歌は、オフコースの方の「愛を止めないで

実に、オフコースの曲がドラマ主題歌になるのは、39年ぶりとのことです。

確かそうだよな~と思ってましたけどね。
一応、ネットの記事なんかも確認して、やはりそうだと。

1970年のデビュー以来、1989年まで19年間の活動期間、なおかつ、
「さよなら」や「YES-NO」などの大ヒット曲があり、しかも伝説のバンドとまで言われた
オフコースが、ドラマの主題歌になったのは、たったの2曲。
しかも、オフコースの活動期間で、オフコースの曲がドラマ主題歌になったのは、わずか1曲。
この事実は、意外ですね~

最初は1977年に放映された、日本テレビの「ひまわりの花」というドラマ。
見たことないのでよく分からないのですが、このドラマの主題歌の「ロンド」を
作曲した鈴木康博さんは、

「母親を思う気持ちを歌にするなんて、自分が40とか50とか過ぎてからじゃないと
わからない。だから本当は断りたかった」

と、当時30歳になったばかりの鈴木さんはそう思ったそうです。
なので、渋々書いた曲だと言われています。

すでにリリースされているオフコースの曲からのセレクトではなく、
ドラマの企画があって、依頼されて書いた曲なんですね。

1977年というと、オフコースはまだ小田さんと鈴木さんの2人の時代。
ヒット曲もなく、それほど知られた存在ではなかった頃です。

本来であれば、ドラマの主題歌になって、毎週、曲が流れるわけですから、
ある程度ヒットしてもよかったのですが、当時のオフコースの考えとしては

「ドラマに便乗して、プロモーションするのはイヤだ」

ということで、積極的にプロモーションもされず、一応、シングルとして
リリースはされましたが、その後のアルバムにも収録されず、コンサートでも歌われることなく、
陽の目を見ることがないレアな曲となってしまいました。
僕はすごく好きな曲なんですけどね。

後に、鈴木さんはソロコンサートでは歌ってますので、その動画をどうぞ


とまぁ、前置きは長くなりましたが、実に39年ぶりのドラマ主題歌となった
愛を止めないで
これは、1979年利リースですが、この曲もまた、さよならのヒットの前です。

オフコースの曲がオフコース活動期間中に、ドラマ主題歌や、CMにほとんど
使われなかったのは、僕が思うに、原盤権の関係だったのかな?
と思うのですね。

オフコースの楽曲の原盤権(要は使用権)は、オフコースが設立した音楽出版会社の
フェアウェイミュージックと、PMPという、フジテレビ系の音楽出版会社が、
一定の比率で、分担していました。

今は、ほとんどがレコード会社や音楽配信会社が原盤権を管理しているようですが、
オフコースの場合、自らの楽曲の多くを、オフコースが管理していたので、
ドラマ主題歌でタイアップしてやって売れてるのに、レコード会社が儲からない
仕組みだったんですね。

それと、フジテレビ系列の会社がオフコースの原盤権の一部を持っているという性格上、
フジテレビ以外の局では、使えなかったというか、使ってもフジテレビを儲けさせるだけ
ということで、使いたがらなかったのではないでしょうか。
CMに至っては、どの局でも放送しますからね~やはり使いづらかったでしょうね。

フェアウェイミュージックはたぶん、いまは無いのでしょうけど、
原盤権は、PMPは未だに一定比率はもっているでしょうから、
やはり、オフコースの楽曲は、フジテレビ系のドラマでしか使われない
んでしょうね。

ってことで、久々に、僕が初音ミクでカバーした
愛を止めないで」をどうぞ!!



2016/04/25 21:35 [edit]

category: きれいな歌に会いに行く

thread: おすすめ音楽♪ - janre: 音楽

tag: 初音ミク  OUR  HOUSE  フジテレビ  オフコース  鈴木康博  小田和正  愛を止めないで  ロンド  芦田真菜 
tb: 0   cm: 0
さてさて、40代以上の、「8時だよ!全員集合」の世代であれば、聞いたことあると思いますが、
この「Wonder Dog」という曲。実はこの様な原曲があったんです。

確か、合唱団のコーナーだったと思いますが、志村けんさんと加藤茶さんが、
犬の着ぐるみ着て、この曲を歌ってまして(実際は口パクだそうですが)
最後に、マイクのケーブルを持って、マイクをぐるぐる回して、「ワン!」で終わるという
コント?をやっていたのですね。

他にもそのうち紹介しますけど、全員集合で出てくる、音楽コントは、原曲が存在する
ものがいくつかあります。
(興味があれば、Youtubeでいくつか見れますのでどうぞ)

さて、今回の「Wonder Dog」ですが、全て歌詞は「ワン!」です。
要は犬の鳴き声です。

急に思い出したようにこの曲を取り上げようとお思ったのは、Youtubeで、
「所さんの目がテン」の何年か前の動画を見ていて、この曲が流れたからなんです。

あれ、この曲も原曲あったのか!と思い、ちょっとだけ調べました。
そしたら出てきまして、改めて聞いてみると、イントロの部分が、フィル・コリンズの
「easy lover」に似てるなーと思ったり。easy Loverはそのうち取り上げます。

ドリフの動画はありませんでしたが、原曲の方をどうぞ!

2016/04/07 21:49 [edit]

category: きれいな歌に会いに行く

thread: お気に入り&好きな音楽 - janre: 音楽

tag: ドリフ  全員集合  8時だよ  志村けん  加藤茶  コント 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

カレンダー

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

カウンター

ブロとも申請フォーム

リンク

最新コメント

ブログランキング

QRコード

Sponsored Link

関連記事

総PV数

▲Page top