Sponsored Link

--.

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --
欅坂46の4thシングル「不協和音」。発売から1ヶ月以上経過しましたが、
1stの「サイレントマジョリティ」より圧倒的に、テレビ露出が少なく、
ファンもやきもきしているのでは無いでしょうか?

4/14のMステで、テレビ初公開の葵リフトバージョンの不協和音パフォーマンス、
4/15の46SHOW以来、テレビでのお披露目はないような気がします。

PVや、その前のNHKのSONGSでのパフォーマンスでは、葵リフトは無かったのですが、
やっぱり、不協和音は、葵リフトバージョンがカッコいい!!
葵ちゃん、くれぐれも落ちないでね!

さて、すでに70万枚以上売り上げている不協和音、すべてをかっさらっていった
勢いですが、表題曲の不協和音だけでなく、カップリング曲もスゴい曲が揃っています。

ラップ調と言われている、「エキセントリック」
ラップに注目が集まるところですが、この曲は、正統はのJAZZファンクですね。
秋元康さんには申し訳ないですが、この曲は、OFF VOCALで聴きたい曲です!

そして、今日注目するのは、「微笑みが悲しい」

どこかの記事で、ナイアガラサウンドを彷彿させる曲と書かれていましたが、
そう言われると、どことなく、そんな気がします。

今の若い人は、ナイアガラサウンドと言ってもピンとこない方が圧倒的だと
思いますが、40代後半~50代の方にとっては、懐かしい響きですね。

ナイアガラサウンドとは、大ざっぱに言うと、大滝詠一さんが作曲した
楽曲全般のことを指します。

1981年にアルバム「A LONG VACATION」が大ヒットしたわけですが、
その以前の70年代後半(70年代前半のはっぴぃえんど時代はナイアガラには含まれない)
の楽曲が、主に、ナイアガラサウンドと呼ばれています。

とはいえ、70年代の大滝さんは知名度はほとんど無く、この頃の楽曲も
もはや聴くことは困難となっています。

1981年に先述した、A LONG VACATIONのヒットと同じ時期、松田聖子さんに
「風立ちぬ」という楽曲を提供しています。

当時は、歌謡曲として、大御所の作詞家、作曲家が、アイドルに楽曲を提供していましたが、
一方で、フォーク、ニューミュージックのアーティストが、アイドルに楽曲を提供することが
多くなってきました。
大滝さん流のナイアガラサウンドがちりばめられた「風立ちぬ」は、欅坂46不協和音のカップリング曲
「微笑みが悲しい」のサウンドメイクに、多大なる影響を与えている印象があります。

微笑みが悲しいは、PVも作られていないため、CDを買って聴いていただくしかないのですが
まずは、風立ちぬからどうぞ。



35年以上前の曲ですが、今でも色あせないサウンドとメロディですね。
欅坂46の「微笑みが悲しい」てちねるのユニット曲ですが、
是非、聴いてみてください。

最後に、葵リフトの写真貼っておきます!

C9dID38VwAEZTZx.jpg


スポンサーサイト

2017/05/21 17:56 [edit]

category: 欅坂46

thread: お気に入りアーティスト - janre: 音楽

tag: 欅坂46  不協和音  平手友理奈  長濱ねる  けやき坂46 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

カレンダー

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

カウンター

ブロとも申請フォーム

リンク

最新コメント

ブログランキング

QRコード

Sponsored Link

関連記事

総PV数

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。